HOME下呂温泉物語 , 歴史 > 天下三名泉の由来
空室を探す
[an error occurred while processing this directive] AD-IMG 湯之島館
HOTEL-IMG

昭和6年開業の木造旅館。原木と共存する建築工法は全国的に希少。
湯之島の高台にたつ老舗旅館。広大な敷地に贅沢に建てられ、四季折々の自然の木々の変化を楽しめる。露天風呂からは下呂温泉街が見渡せ、館内の家族風呂は、それぞれ趣が異なり、それもまた楽しみの一つ・・・
AD-IMG[詳しく見る]

AD-IMG 水明館
HOTEL-IMG

下呂駅を正面にし飛騨の山懐に抱かれ清流飛騨川沿いに建つ水明館。
名実ともに東海を代表する豪華な温泉リゾート空間。自慢のサウナ付温泉大浴場や野天風呂・展望大浴場にあふれるお湯は、美肌効果満点で身も心もときほぐしてくれる。プールやエステなどの施設も充実・・・
AD-IMG[詳しく見る]

AD-IMG 小川屋
HOTEL-IMG

湯けむりロマンにいだかれて、旅の心をさそう宿・・・小川屋。
下呂温泉街の中心にあり「心やすらぐ くつろぎの宿」をモットーに館内は和風情緒漂う日本旅館。自慢の「飛騨大浴殿・露天風呂」からは飛騨川の清流をのぞみ、食事処・季咲亭での味覚もまた格別・・・
AD-IMG[詳しく見る]

注目ワード
Powered by Movable Type 5.02

天下三名泉の由来

古来険しい山中にあって飛騨街道は、歩荷や牛方などでも、通行が容易ではありませんでした。その深山幽谷を形容して、『飛騨編年史要』(岡村利平著)の序に 三上参次 が大正十年記すには 「東には乗鞍、槍ヶ岳等の峻嶺の聳ゆるあり、 西には白山山脈の連亘するあり、飛騨山塊の名を以って呼ばるる臺地なるを以って、 交通この如く便ならず、されば自然の大風景も近来までは多く知られず、史上の遺物は自然に保護せられたるなり。」とあります。まさに絶遠たる、山に囲まれたる地飛騨だったのです。

下呂温泉の起源については、延喜年中(九○一-二三)とも天暦年中(九四七-五七)とも伝えられており、 『飛州志』「天暦年中、この地の山中に初て温泉湧出せり」とあります。時は 醍醐天皇 の御代。 延喜元年(九○一)、 菅原道真 の子兼茂が 飛騨権掾 に任ぜられ、また延長五年(九二七) 年には、 延喜式により租税として 飛騨の匠 たち百名を送ったと中務省式に記されています。

のちに、この山中の温泉は突然止まり 益田川 の河原へ移動して湧出したのでした。

入湯の記録は、室町時代の五山の詩僧万里集九 の延徳三年(一四九一)が最古で、彼はその詩文『梅花無尽蔵』に、下呂温泉を草津有馬と並ぶ天下の三名泉と たたえています。

集九に続く記録は天文十八年(一五四九)の美濃国遠山庄大圓寺住持の明叔和尚の 入湯であります。明叔は八月中旬より九月下旬まで下呂に逗留し、禅昌寺 に七、八日泊。

元和七年(一六二一)、四月二十五日には、林羅山林道春三八歳の時、 摂津有馬温泉にて詩を作り、その註としてこう記しました。曰

「諸州多有温泉、其最著者、摂津之有馬、下野之草津、飛騨之湯島(現在の下呂温泉)是三処也。」

これにより広く名泉誉れの源となり、今に至っています。これは幼少より五山に儒仏を学んだ羅山が万里集九を読んでいたことを示しているのでしょう。

(当時は下呂という呼称はなく、「湯島」と記されています。今では「湯之島」という地名として残っています。 「下呂」という呼び方がどのように起こったかは、こちらを参照。)



























カテゴリ:




Web Site

予約する?
主なタグ
Sponsored by
銘菓栃の実せんべいを是非どうぞ!淡い甘さの素朴な味わいです。 本家本元「養老軒の!」とご指定ください。
メールサービス
This Site is
(C)1995-2019 Masato Tamaoki, Yoroken Co.
「下呂温泉私設案内板」は観光、温泉、保養などに関する情報を掲載している私設の案内板です。
This site wins these prizes
Ciber Space Japan の What's Best-1998- に選ばれました。 Ciber Space Japan の What's Best-1997- ベスト3000に選ばれました。 The Internet 1996 World Exposition の アジアのピープルの部門にノミネート
Yahoo JAPAN The web of the year 1996 にノミネート
Syndicate this site XML XHTML 1.0 movabletype
本サイトは自由にリンクをはっていただいて結構です。事後にでも連絡をいただければ幸いです。